谷相 友茄


ジュエリークリエイター

1990 年宮崎県生まれ。東京在住。武蔵野美術大学で金属工芸を学んだ後、2015 年からギャラリー勤務・シェア工房 Atelier TOCOHA を拠点に制作を行っている。ジュエリーは主にアクリルなどの樹脂素材やシルバーを用いることが多い。

 私の生まれた宮崎県日向市は土地柄、海や岬がを見渡せる広場つきの山がありました。家が海水浴場近郊だったことも幸いし、よく海や山の広場へ家族でピクニックに出かけたり、自然と触れ合いながら育ちました。外で遊ぶのが大好きで男の子と混じって公園で鬼ごっこやボール遊びをするような日焼けした女の子でした。
 成長して運動部に所属したこともあってか美術への関心は薄いままでしたが幼少期から母に連れられ演劇鑑賞をしたり、元々、美術鑑賞が好きだった父に連れられ美術館に行ったりと、美術と触れる機会に恵まれていました。17 歳の時、兄が芸術系の大学に行った事でアートやデザインに興味が湧き始めます。ちょうどそんな時、ある彫刻作品展を見て、手を使ってつくることを職業にしたいと漠然と決めたのを覚えています。
 それからデッサンを習い始め、武蔵野美術大学の工芸工業デザイン科に入学。金属の特質や教授の作品や人柄に惹かれて金工を専攻。コンテンポラリージュエリーに出会い、金属だけでなく、様々な素材の魅力や考え方に衝撃を受けます。
 なぜこの形なのか?なぜこの素材を使うのか?なぜこの身につけ方なのか?
 たくさんの「?」が浮かびこんなに好奇心を駆り立てられるものがあるんだとドキドキしました。今までのジュエリーに対する常識が覆った瞬間でした。それからジュエリーばかり作るようになり現在に至っています。
 修了して数年経ち、勤めながらギャラリーや百貨店などを中心に作品発表・販売を行なっています。

学歴


2013 武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン科金工専攻 卒業
2015 武蔵野美術大学修士課程造形研究科工芸工業デザイン専攻金工コース 修了

国内外展覧会


2011.5 「惑星展」アネッセボナ / 東京
2013 .2015「武蔵野美術大学卒業・修了制作展 2013,2015」武蔵野美術大学、青山スパイラル / 東京
2014.3 「日本武蔵野美術大学 修士課程 設計専攻金工展」國立新竹教育大學 澤 'ZE 文創實習商店 / 台湾
~Musashino Art University master's course design major metal Craft course Exhibition 2014 at The ZE concept store~
2014.2015.2016 「 武ささび展」アートスペース色空 / 宮崎
2014.8 「RICH ~4 人の jewelry 展 ~」ART・IN・GALLERY / 東京
2014.10 「ふつか展」器スタジオ TRY / 東京
2015.2 「 New jewellery Artist Exhibition -SELECT14-」銀座 AC,GALLERY / 東京
2015.9 「Exposition des boutons」Galerie Hayasaki / パリ , フランス
2016.1 「TOCOHA COLLECT」art space morgenrot / 東京
2016.2 「Botton-Inspiration vol.10」銀座 AC,GALLERY / 東京
2016.7 「ジュエリーと BOX 展」銀座 AC,GALLERY / 東京
2016.7 「クラフト女子」mAAch マーチ エキュート 神田万世橋 / 東京
2016.8 「TOCOHA COLLECT “VIVID”」銀座 AC,GALLERY / 東京
2016.12 「ワイガヤ展 ~ ワタシの好きな ...~」立川 ArtRoom 新紀元 / 東京
2017.1 「BLACK AND WHITE craft and jewelry exhibition 」吉祥寺 mono gallery / 東京
2017.3 「TOCOHA COLLCT "Art and Life"」日本橋三越工芸サロン / 東京

職歴


2015.4~ AC,GALLERY 勤務